1. TOP
  2. カニお取り寄せ
  3. タラバガニと花咲ガニの味の違いとは?味以外に違いはあるの?

タラバガニと花咲ガニの味の違いとは?味以外に違いはあるの?

カニお取り寄せ コラム タラバガニ 花咲蟹 この記事は約 3 分で読めます。

 

タラバガニは皆さんもご存知の有名なカニですが、花咲ガニという種類をご存知の方もいるかと思います。

 



元々タラバガニは「ヤドカリ科」に分類されていますが、花咲ガニも同様に「ヤドカリ科」に入っています。

名前の由来は、北海道根室地方にある「花咲半島」という地域で水揚げされているからという説が有力です。

 

別にもう一つ、花咲ガニを茹でた時に、赤い花が咲いたように見えることから「花咲ガニ」と呼ばれているという説もあるんです。

 

では、タラバガニと花咲ガニ、二種類のカニの味の違いがどのようなものなのか見ていきましょう。

簡単に言えば淡白なタラバガニに対して、花咲ガニの方が味は濃厚だと言われています。

 

タラバガニと花咲ガニの味の違い

 

しかし、ここで好みの問題が出てきます。

 

タラバガニの方が、慣れ親しんだ味なので好んで食べる人も多いですが、花咲ガニは「くどい」と感じる人も少なくありません。

花咲ガニには、他のカニにはない甘みや濃厚さがありますので、好みが分かれてしまうようです。

 

身に関しては、繊維をしっかり感じることができるので、何回噛んでも、身の食感を長く楽しむことができます。

 

タラバガニと花咲ガニ、味以外の違いはどのようなところなのでしょうか。

花咲ガニの産地は、前述でご紹介した北海道根室です。

一方タラバガニは、北海道やアラスカ、ロシアで水揚げされたものが流通しています。

 

 

見た目や大きさにも違いがあり、タラバガニを茹でた後の色はオレンジ色ですが、花咲ガニは濃い赤に変わります。

甲羅についているトゲも、タラバは短く、花咲は長いところが特徴です。

 

一番美味しく食べられる旬ですが、一般的にタラバガニは10月ごろからですが、花咲ガニは、夏が旬なんです。

花咲ガニは、あまり流通量が多いカニではないため、値段が高価になっていて、お中元の贈り物として選ばれることもあるそうです。

タラバガニと花咲ガニでは、味、見た目などに違いがありますが、水揚げされる量も全く違うようですね。

花咲ガニはタラバガニよりも濃い味わいなので、お味噌汁や鍋に使われることが多いです。

 

同じカニでも、旬や産地で味も変わってきますので、お好みに合わせて食べ比べしてみるのはどうでしょうか?

 

>> タラバガニや花咲蟹が一緒に注文できるカニの浜街道の口コミ

 

\ SNSでシェアしよう! /

【カニお取り寄せ口コミ】おすすめランキング!実際の体験談です!の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

【カニお取り寄せ口コミ】おすすめランキング!実際の体験談です!の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • カニ3kgは一体何人前?カニのポーションのサイズについて

  • 毛ガニと花咲ガニのカニみそは食感にも違いが!美味しいのはどっち?

  • 北海道海鮮工房でカニをお取り寄せして蟹しゃぶで食べてみた私の体験談!

  • ズワイガニ・タラバガニ・毛ガニの違いって?値段も比較してみた!

  • 失敗しないカニポーションの解凍の仕方と美味しい食べ方は?